フリーから会社設立へ

会社勤めからフリーエンジニアになって、ある程度の収入が見込めるようになったら、今度は会社設立へと方向を向ける人が多いようです。
会社設立の決定ポイントは、収入が安定してきたことや、このまま自分で続けていく事です。
ITエンジニアになるにあたり、独立というキーワードが頭に浮かびます。個人事業主と会社設立との違いはなんでしょうか。

個人事業主だと、年金や健康保険金額が高めであるということ。
退職金などはありませんから、日々の収入からプールしておかなくてはいけません。
ただその貯金が利益と判断されると、納税額に関係してきます。
年金も国民年金ですから若干不利だと言えるでしょう。
個人事業主は入ってきた収入を自由に使えるといったメリットもありますが、デメリットの方が多いかもしれません。
収入の見込みが安定してくるようなら、会社設立も念頭に置いて準備しましょう。
ですが収入の波が大きいのであれば難しいと思いますので、見極めが大切です。

経営者になると、今までは必要のなかった事も考えなくてはいけません。
社員や自分の退職金を出せるようにしなくてはいけませんし、健康保険や年金なども対応するようにしなくてはいけません。
会社設立登記は現在、規制緩和により以前より簡単に出来るようになりましたので、法律家に頼まなくても自分で出来るようです。

退職金は定年を設定したら、その年齢に合わせて積み立て式の生命保険で毎月貯めて行く方法もあります。
何事も準備をキチンとしておくと、慌てる事もありませんし困る事もありません。
会社員から個人事業主になって得た経験と知識に、今度は経営者としての経験と知識をプラスする事で、より会社の成長にも繋がっていくと思います。なので、経営が波に乗っていると感じたら、会社設立も考えてみると良いでしょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト