女性エンジニアの注意点

女性がITエンジニアになるには、男性より体力がないから難しいと言われています。
これは男女差別ではなく、お互いの特性を考えて業務に携わるために必要なことです。エンジニアの仕事は概ねハードな内容が多いと言われています。
男性と無理に張り合って頑張りすぎ、結果他の人に迷惑をかけるようでは社会人として失格です。

男性は女性に比べ新しい発想や発明をすることが得意です。
一方、女性は男性に比べると、決められたことやテキスト通りに物事を進める能力に長けているそうです。
女性だから新しい発想が出来ない、というわけではありません。何が得意なのか、ということに注目して得意なことを伸ばしていくようにすると業務もスムーズに流れるのではないかと思います。

通常でも忙しくなり過ぎますとテンションが下がったり、ちょっとしたことでイライラしてしまうものですが、女性の場合、ホルモンバランスの崩れる週間がありますので、その時にストレスを出来るだけ軽くするような工夫が必要になります。
いつも飲み物をコーヒーばかりの人でしたら、ホルモンバランスに良いハーブティなどを口にすると心が安らいだりするものです。
チョコレートなども安らぎ効果が良いと言われています。

2、3日から人によっては1週間以上、このアンバランスな状況が続きますので、自分に合ったリラックス方法を探しておくと良いと思います。
また、エンジニアの仕事は残業が当たり前の業種もありますから、残業の疲れを出来るだけ早くにケア出来るようにすることも大切です。

仕事と上手に付き合うことが出来れば、結婚後も育児をしながら業務に就いている人もいますので、せっかくのキャリアが無駄にならないよう、通常からの健康管理とスケジュール管理を出来るようにしておくと良いと思います。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト